給食が食べたい!

Pocket

先日友人と小学生時代に食べた給食の話題になりました。
それからというもの、給食が食べたくて仕方がありません。
これはどんなにお金を積んでも、今となっては食べることができないものだからこそ、余計に食べたいと思うんでしょう。
今更学校の先生にもなれませんし。
確か以前、私の兄が小学校の行事で親が子供と一緒に給食を食べられるイベントに参加したと言っていました。
今思うと、心底うらやましい行事です。
でも、できれば私の子供時代の給食が食べたいですね。
アルミのお盆にアルミの食器、牛乳はパックではなくビンで。
当時は、コッペパンも牛乳も苦手で苦労して食べていたのですが、週一回のごはんの時や麺類の時は学校に行くのが楽しみで仕方なかったです。
その苦手な牛乳も、月に一回程コーヒー牛乳の素が付いていて、それを入れると苦手な牛乳もごくごく飲めました。
麺類ものびのびなんですが、あのソフトな食感とぬるい汁でも美味しく感じたものです。
懐かしい給食の味や光景は、私の子供時代の忘れることのできない良き思い出です。